支払いをしないと|中古マンションを購入する|賢い空き家の管理方法も学ぶ
積み木

中古マンションを購入する|賢い空き家の管理方法も学ぶ

支払いをしないと

男性

月々の住宅ローンの支払いがどうしても立ち行かなくなってしまった場合の対処法として、任意売却という方法があります。任意売却とは、自ら自宅を売りに出すことで、任意売却によって得られた売却代金を住宅ローンの返済に充てることができるのです。 通常、住宅ローンの借入を行う際には、自宅の土地や建物を不動産担保として、金融機関へ差し入れます。もしも、何の対策も行わずに、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、不動産は差し押さえられ、強制的に競売にかけられてしまいます。任意売却によれば、市場価格とほぼ同額で不動産を売却することができますが、競売にかけられてしまうと、市場価格の7割程度になってしまうことも多々あるのです。

このように、住宅ローンの支払いが滞ってしまえば、いずれは競売という法的な手続きによって自宅を手放すことになってしまうのです。どうせ自宅を手放すのであれば、競売によって叩き売りされてしまうことを思えば、適正な市場価格で売却できる任意売却の方が遥かにメリットが大きいと言えます。 また、任意売却を行うメリットは売却価格の点だけではありません。競売は裁判所の命令に基づく強制力を持った行為なので、場合によっては、引っ越し代金も捻出できない内に、強制的に退去日を指定され、追い出されてしまう可能性もあります。一方、任意売却ならば、売却代金の一部を手元に残せるケースも多いので、入念に準備を行った上で転居することができます。